そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

意外とお得!?24時間営業のフィットネスジムがおすすめな理由

はじめに

f:id:overconfidence1117:20180921162409j:plain

この記事を読んでいる方のなかでも、定期的な運動習慣をつけている人、特にジム通いをしているひとも多いかと思います。

しかし、毎月何千円も支払ってジムの契約をするくらいなら、その辺を走ったり自宅で筋トレでいいじゃんという意見もあると思います。

たしかにごもっともなのですが、実はエニタイムフィットネスやジョイフィットなど、首都圏を起点に最近急速に発展している24時間利用可能なフィットネスジムには、それならではの優れた利点が存在します。

今回はこれら24時間セルフ型のフィットネスジムについて、意外なメリットを紹介したいと思います。

そもそも24時間セルフ型のフィットネスジムとは?

24時間利用可能なセルフ型フィットネスジムは、最近首都圏を中心に急速展開している新しいスタンダードのジムで、学校や会社帰り、あるいは通勤通学前にふらっと気軽に立ち寄れることが大きな特徴です。

24時間セルフ型フィットネスジムのいいところ

ミニマル設計で無駄がない

従来型のフィットネスジムだと、マシンはもちろん、プール、スパ、広々としたヨガスタジオなどなど、とにかく機能と設備が充実していることが大きな特徴です。また、経験豊富なスタッフが常に常駐しており、サポート体制も万全であることが多いです。

しかしながら、ユーザーがそこまで設備を求めているかと言えばいささか疑問。そんな中で、設備やスタッフにかかるコストを限りなく減らしたセルフ型のフィットネスジムは、従来型のジムとは大きく異なり、とにかくミニマルです。

必要十分な設備のみなので、値段もリーズナブル

必要十分な設備のみなので、値段もリーズナブルであることが多いです。

万が一の時でも安全

トレーナーや管理人が不在でもセコムのセキュリティで守られているので、安心して利用可能。

自宅から徒歩圏内に24時間営業のフィットネスジムがあるのであれば、ぜひ検討してみてください。

ジムならではのいいところ

走りながらテレビが見れる

街中や河川敷をジョギングしている場合、携帯や音楽プレーヤーで音楽やラジオを聴きながら走るなどは可能ですが、さすがにテレビを見ながら走るのは無理ですよね。

しかし、ジムであればそれが可能です。ランニングマシンやトレッドミル、エアロバイクのコンパネ上のスクリーンでテレビが視聴可能になっているので、景色の変わらない部屋での長時間のトレーニングでも暇を持て余すことはありません。

スマホやタブレットを立てかけるためのスペースがあるマシンもあるので、手持ちのスマホやタブレットでYouTubeを見ながらトレーニング、なんてこともできます。

天候、時間帯に左右されない。

これもかなりのメリットです。朝起きてジョギングしようとしたら外が土砂降りだったなんでことはよくあると思います。そのような場合雨が止むまでまったり、タイミングを見計らってジョギングに出かけるといったことをすると思いますが、24時間型の室内ジムであれば、天候や時間帯にまったく左右されないので、行こうと思ったその時にトレーニングを開始できます。

また、真夏の炎天下であっても、室内ジムであれば空調の入った快適な環境であるため、室外の温度にもまったく左右されないことも大きなメリットです。

シャワーがいつでも利用可能

これも意外なメリットなのですが、会員になるといつでもシャワーが使えるようになります。トレーニングをせずともシャワーだけ利用して帰る、なんてつかいかたももちろんOKなので、家のガス台水道代を大きく減らすことも可能です。

※シャンプーなどのアメニティはついていないので、自分で用意する必要があります。

実際こうしている人も結構いるみたいです。

まとめ

最近急速に展開しているセルフ型のフィットネスジムには意外なメリットがあり。新名の町の最寄にもきっとあるので、探してみてはいかがでしょうか。