そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【書評まとめ】ミニマリストがおすすめする読んでよかった良著3選

はじめに、ミニマリストにおすすめの3冊を紹介します。

先日ミニマリストしぶさんが、「人生を小さく変える、ミニマリストしぶのオススメ本まとめ」という記事をしぶさんのブログで公開していました。

そこで私も、これまで読んだ本の中でこれはミニマリストにおすすめ、という本を3つ紹介してみようと思います。

本を読んですぐに行動が変わったり、マインドセットが180度変わって即人生変わる、みたいなことはまずないと思いますが、優れた良著を読むことは多かれ少なかれ人生の糧になります。実際人生が変わるかどうかはわかりませんが、一読の価値はあると思います。

sibu2.com

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則(メンタリストDaiGo) 

しぶさんもブログで紹介していました、メンタリズムでおなじみのメンタリストDaiGoさんの片付け本、おすすめです。

心理学に基づいた、ローコスト管理の原則(維持管理コストを下げる)、三択の原則(選択肢を三択以下にすると即断即決できるようになる)、初速最大化の原則(リアクションタイムをあげるように工夫する)の三つの原則をもとに、やりたいことを実現するために、身の回りのノイズを整理していこうというのが、DaiGoさんの主張。

一見部屋掃除の本のようですが、人生をより豊かにするためのマインドセットが学べる良著です。具体的な方法も説明されているので、理論と実践両方学べます。

 しないことリスト (pha)

京都大学卒でシェアハウス「ギークハウス」の管理人の元日本一のニートpha(ファ)さんの著書です。

phaさんはミニマリストを自称しているわけではないと思いますが、同氏の考え方はミニマリスト思考そのもの。

世間でやるべきとされているほとんどのことは、別にやらなくてもいい、持つべきとされているものは、別にもたなくてもいいんだよというのが、この本を通してのphaさんの主張。肩の力を抜いて楽になれる、人生楽に生きていいんだと思える本です。

手ぶらで生きる(ミニマリストしぶ)

最後は、言わずと知れたミニマリスト、しぶさんの著作、手ぶらで生きる-見栄と財布をすてて、自由になる50の方法。選択と集中の美学をモットー(?)とする同氏の考えを学ぶことができます。

冷蔵庫やテレビはもたなくてもいい、消費する趣味より生産する趣味をもとう、などのしぶさんの考えや意見が50詰まっています。おすすめです。

 さいごに、どれも一読の価値ありのおすすめ本です

どれもミニマリスト思考を学ぶにはおすすめの良著、ミニマリストでない方でも、一読の価値はあると思うので、ぜひ手に取ってみてください。

書店なら新書コーナーで、Kindleバージョンであればいずれも電子版で利用可能。