そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

メンタリストDaiGoのミニマリスト論「人生を思い通りに操る 片付けの心理法則」の感想

メンタリストのミニマリスト論とは何か?

メンタリストDaiGoさんの著作「人生を思い通りに操る 片付けの心理法則」、なかなかお勧めです。

タイトルだけ見ると汚部屋脱出のノウハウとか、断捨離や整理収納のテクニックが紹介されてそうですが、実はそんな感じの本ではありません。

そうではなくて、エッセンシャル思考、選択と集中の方法論について書かれています。

~「片付け = 自分のリソースを目標に向かって集中できる環境をつくること」は、あなたが幸福になるために必須の作業なのです。

本書は、部屋がきれいになることをゴールにした本ではありません。片づけることによって、人生を最大化し、幸福を手に入れるための本です。

実はDaiGoさんはミニマリストを自称しており、選択と集中の方法論に関する彼のノウハウはピカイチです。そんな彼が書く片付け(最大化のメソッド)の本ですから、有益でないわけがありませんよね。

【ネタバレあり】理解すべき重要ポイントは片付けの三法則

本書の冒頭で述べられている3つの重要な考え方に、「3択の原則」「初速最大化の原則」、そして「ローコスト管理の原則」があります。

いろいろありますが、結局はモノを減らして作業効率を上げよう、ということです。

3択の原則

結論から言うと、 人間は選択肢が3つ以内でないと即決ができません。

ものを減らしたり環境を調整したりすることで、行動の選択肢を「3つ以内」に収めれば、即決、即行できるようになるというのがDaiGoさんの主張。整ってものが少ないデスクと、ものがごちゃごちゃのデスクの上、どちらが作業がはかどるかなんて、火を見るよりも明らかですよね。

初速最大化の原則

~ある行動にとりかかるための手順を減らすと、その行動から生まれるアウトプットが向上し、時間が短縮できるのです。

とりかかりのステップを減らし、初速を最大化するためには、モノを減らすことが重要なのです。

初速最大化とは、手を付けよう、と思ってから、手を付けるまでのリアクションタイムを早めようとすること。そのためには、作業動線にあるモノを減らしてとりかかりのステップをへらすことが重要。

ローコスト管理の原則

最後はローコスト管理の原則。

メンテナンスコストとは、自動車を所有することにより発生する税金や駐車場代、ガソリン代はもちろん、洗濯やアイロンがけが必要な服なんかも該当します。このような、維持管理に時間的手間がかかるアイテムを減らして管理することが、ローコスト管理の原則です。

本書の大半は具体的なテクニックだが、本質は3つの原則のみ

以上の考えを踏まえて、これ以降に具体的なノウハウが続きます。全体を通して語られていることはミニマリスト論そのものなのですが、Daigoさんならではの独自の切り口で語られており、非常に参考になります。

「3つの原則?そんなの当たり前じゃないか」という人はこれ以降の文章を読む必要はないと思いますが、気になるかたは本書を手に取ってみる価値がありそうです。