そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

TOEIC990を目指すよりも英検1級を受けることをお勧めします

TOEICで満点(990点)を目指すよりも、英検1級を目指すほうがおすすめです

f:id:overconfidence1117:20181016010659j:plain

英語の資格と言えば日本ではTOEICが最も一般的で、受験者人口も年々うなぎのぼりになっています。しかし、私が英語上級者にお勧めするのはTOEICではなく、英検。それも最高峰の英検1級を受験することです。

実は英検1級はその次の準1級や2級と比べたら段違いに難しく、毎年大量の受験生が落とされる超難関なんです。この記事では、英検1級が果たしてどれくらい難しいのか、また、英検1級を目指すべき理由とは何かをご紹介します。

英検1級はTOEIC990よりもはるかに難しい。

英検1級は抜群に難しく、受験者のうちで合格者はたったの10パーセント、めちゃくちゃ狭き門です。勿論、英語に自信がある人が受けて一割受かるレベルなので、かなり難しいことがわかると思います。

私自身、TOEICで900点台を何度も取得しているのですが、英検1級は一次試験を通過したことすらありません。

もともと英検一級に受かるくらいの英語力であれば、無勉強でTOEIC900点台をとることは可能だと思います。しかし、TOEIC900点台の人が無勉強で英検1級に受かれるかといえば、たぶんかなり難しいのではないでしょうか(私自身そうですので)。

何がどう難しいのか?

英検1級ではTOEICにはない高い専門性が求められている

英検1級は、TOEICと違って問題数が多いわけでもなく、また時間制限がきついわけでもなく、ただ問題のレベルが高いのが特徴です。

TOEICは、「平易なレベルの英語をスピーディに使えるか」を試しているのですが、英検1級は、「専門性の高い高度な文章などを難なく読みこなせるか」といったことが試されます。長文読解では、論文や学術レポートを読んでその著者の意図を汲み取ったり、主張の根拠(エビデンス)を読み取る、といった能力が求められます。

英検1級の語彙のレベルが猛烈に高い

英検1級の語彙力のレベルは猛烈に高く、専用の対策は必須です。日常生活で一度も聞いたことないような単語が当たり前のように出てきます。語彙のレベルでいれば10000語レベルかそれ以上くらい。

英語のスキルは総じて高いのに、英検1級特有の猛烈に難しい単語問題のせいで、一次試験をなかなか突破できないという人は、実は結構います(裏を返せば、ここを抑えればかなり受かりやすくなる)。

論理的思考力が求められる

論文スタイルのアカデミックな文章が題材になったりするので、(英語とはあまり関係ない)ロジカルな文章を読解する能力もいります。TOEICのように、書いてあることを読み取れればそれでOK、というわけではないので、論理的な文章を読み書きする力がないと合格はかなり難しいでしょう。

高校の現代文が得意だった人は、かなり素養があるかもしれませんね。

4技能すべてが評価されるので、アウトプットスキルも必須

TOEICと異なり、英検は四技能バランスよく鍛えないと受からないので、アウトプットスキルも重要。加えて、ライティングテストで必要とされる「議題に対して、論理的に議論して自分のスタンスを述べる」という論理的思考力も必要です。

TOEIC LRテストだとアウトプットスキルを全く必要としていないので、900点台取得者でもアウトプットスキルが皆無だと、英検1級合格はかなり難しいといえます。

TOEICフルスコアよりも価値が高い

社会的な認知度はTOEICのほうが高いですし、たぶん「英検1級もってます」と行ってもぽかんとされることのほうが多いでしょう。しかし、前述のように英検1級は高度に英語を操る力を測るので、実力を測る指標として、英検1級は間違いなく高ステータスになります。

昇進などの要件で求められることもなく資格としての有用性はかなり低いですが、チャレンジする価値はあります。

英検1級をとればノンネイティブスピーカーとして「私英語できます」と堂々と宣言しても問題ないでしょう。

年3回しかない&受験料が高いので一発で受かりたい

英検1級は年3回しかなく、また一回の受験料が8000円くらいするので、できれば一発で受かりたいです。現実的には難しいかもしれませんが、腕に自信がある人は申し込んでみてはいかがでしょうか。

受験者もあまりいないので、一会場のひと教室で受験者が収まることもあります。

まとめ

英検1級は英語力の指標としてはかなり高ステータスなのは間違いない。腕に自信がある人はうけてみましょう。

参考情報

1級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

あわせて読みたい関連記事

www.productiveminimalist.net