そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

英検一級を受けてぎりぎり落ちた時の話をまとめてみた

はじめに

英検一級の難易度は猛烈に高く、合格者は受験者全体の一割という超狭き門です。私も例にもれず二回受験して落ちているので、英検一級の不合格体験記をまとめました。後学のために参考にしてください。当日の雰囲気などをお伝えできればと思います。

f:id:overconfidence0993:20170123225053j:plain

英検一級を受けてきた話

2017年1月22日の日曜日、英検1級(2016年度第3回検定)を受けてきました。

2015年度にも受験したのですがこのときは落ちました。語彙問題であるPART 1が難しすぎて撃沈です。昨年度の結果は不合格のさらにしたの「不合格B」でした。この日の受験はまさにリベンジです。

英検1級(一次試験)の試験内容は下記の通り。

リーディング&ライティング(大問4問)
  • PART 1(語彙問題。レベルはTOEICと比較すればかなり高め)
  • PART 2(長文穴埋め問題。)
  • PART 3(長文読解問題。)
  • PART 4(作文。与えられたテーマにそって論理的な英文を書く。)
リスニング(大問4問)
  • PART 1(リスニング。TOEICと比べて比較的長めの会話を聞いた後に内容に関する問題に答える)
  • PART 2(リスニング。科学、歴史などに関するトピックの説明文を聴き、内容に関する問題に答える)
  • PART 3(ロールプレイング風の問題。状況を問題文とアナウンスで把握して、適切な行動や対応を選択する)
  • PART 4(ラジオのパーソナリティ風のやりとりを聴き、内容に関する問題が2問)

詳しい内容は下記リンク先を確認ください。

www.eiken.or.jp

リベンジ@立教大学

ちょっと道に迷いましたが、集合時間の午後1時には会場の立教大学池袋キャンパスに到着。40人くらい入るきれいな講義室で、周りの方は20代の方がほとんどといった感じでした。

会場について間もなく、1時半から試験開始、問題をかりかり解きます。リーディング100分。リスニング35分前後で試験終了。解いた直後の感想としては、前回受験した時よりはましかなといった感じです。昨年苦戦したPART 1も一年間こつこつ語彙を鍛えたおかげでかなりできました。

自己採点、はたして...

受験後に公式で解答速報があったので、自己採点をしました。結果は54/68(79 %)、公式が出している合格最低点と比較しても安全圏かなと思います。エッセイは自己採点が難しいので省いていますが、大丈夫かなと思います。

結果は不合格

...と思ったんですけど落ちました。結果をwebで確認してみると、残念ながら惜しくも不合格でした。三技能偏りなく得点出来ていたのですが、合格基準点に一歩届かず。正答率8割で落とされるってなかなかえぐいですね。

f:id:overconfidence1117:20181022205405p:plain

合格BL2028に対して、スコアは2017。めちゃくちゃ惜しい。

さいごに

今度再々リベンジしてみよかなと思います。そのためにも勉強をしなければいけませんね。

あわせて読みたい関連記事

www.productiveminimalist.net