そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

日本人はなぜ義務教育で英語を勉強しなければならないのか

【日本人はなぜ英語を勉強しなければならないのか?】

この問に対するよくある答えは、たぶん以下のようなものだろう。

  • 世の中は国際化している。なので、将来仕事をするうえでも、国際人として世界交流をするうえでも、国際公用語である英語を習得することは重要である。

なんとなくごもっともな意見であるが、自分はあまり納得できない。なぜなら、

  • 事実として、海外に出たり外人と話したくない日本人はたくさんいる。そのような人にとって英語の習得はもちろん不要だし、英語学習をするのは時間の無駄。
  • 仮に、外人と英語を介してコミュニケーションをとらなければならない状況に置かれたとしても、「自分のスキルでコミュニケーションをとる」意外の代替手段がある。例えば、通訳を介するとか、翻訳機を使うとか。

であるから。しかしながら、すべての日本人は義務教育課程で英語を学ばなければならない。おかしい。英語を使いたい人だけが英語を学べばよいのでは?と感じる。

f:id:overconfidence1117:20180207221429j:plain

なので、英語を勉強しなければならない理由は、上記のようなものではない。

ところで、日本の英語教育はもともと、明治維新以降に海外の優れた学術文献や技報などを和訳して、日本に導入することが意図して行われていた。(なので、学校のテストの中で「~を和訳せよ」とか「~を英訳せよ」といった問題が多いのであると思う。)

しかし、今はもちろんそんな意図は風化しているし、そのために英語が義務化されているとは思えない。

多分、日本人が英語を学ばなければいけない理由はこうだ。

論理的な文章の読み書きや、議論のやり方を学ぶため。

日本語と英語が両方堪能な人だと納得していただけると思うが、日本語は、表現の幅が広すぎるといっていいくらい多い、地方独特の方言も含めるともっと多い。

また、主語を省いても文章が成立してしまうため、遠まわしで婉曲的な表現が多い。悪い意味で、自由な言語だと思う。よく言えば、日本語は、たわいもないおしゃべりや井戸端会議に向いている。表現が豊富なので、感情を伝えやすいからだ。

対して、英語はがちがちにルール(文法)が厳しい言語だ。SVとかSVOとかでおなじみの5文型にかなわず従わなければいけないし、もちろん主語を省けない。

f:id:overconfidence1117:20180207221536j:plain

だが、議論のツールとしてはかなり優秀なのである。英語の仕様上、言い抜けができないし、ふわっとした表現ができない。

だから、日本人は英語を学ばなければいけないのだと思う。これだと、将来英語を使うとか使わないとかは、関係ないし、論理的に考えるスキルは必須スキルであるからだ。

なので、若い時に英語を頑張ると、いろいろおいしいのではないか?と思っている。