そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

Gmailに入れておくといい便利フィルタ

はじめに

f:id:overconfidence1117:20180727085817j:plain

Gmailのフィルタリング機能、便利ですよね。Gmailが適宜プリセットした判定基準に即して、メールを拒否したりスルーしたり、いろいろな操作を自動化することができます。

そこで、私が使っていて特に便利だなと感じている、Gmailのフィルタをまとめてみました。

配信停止 OR unsbscribe⇒受信箱をスキップ

f:id:overconfidence1117:20180728213502j:plain

これだけで、大抵の不要不急のメールやメルマガの類をスルーできます。メルマガって、勝手に登録されてしまうことがあるし、受信箱を圧迫するので嫌ですよね。このメルマガだけはスキップしたくないという場合、そのメルマガのタイトルと語頭に-(マイナス)をつけておけば、自動スキップを回避できます。

また、削除するわけではないので、あとから検索で引っかかります。見たいときには見れる状態になっています。

当たり前かもしれませんが、大事なメールには、「配信停止はこちら」とは書いてないので、このフィルタのせいで大事なメールを見逃すことはまずありません。

仕事とプライベートのメールを仕分ける

f:id:overconfidence1117:20180728213546j:plain

f:id:overconfidence1117:20180728213601j:plain

こうしておくと、仕事のメールと、プライベートのメールを大雑把に仕分けることができます。メールのどこか(送信元、あて先、件名、本文)に会社ドメインがあれば仕事に、そうでなければプライベートに分類します。

なにが便利かというと、アプリ版の「ラベル通知」を併用したときに便利。例えば、

仕事のメール メールが来るたびに通知
プライベートのメール 通知しない

などのルールを設けることで、通知のなりすぎを防止できます。緊急対応が求められかねない仕事のメールは即時通知、そうでもない私的なメールは通知なしにしてあとからまとめて確認、といった感じです。

ラベル通知についてよく分からない方は、こちらの記事がおすすめ。

join.biglobe.ne.jp

受信メールからto do を自動で作成

メールには、タスクを伴うものと、読むだけ、確認するだけでいいものがありますよね。タスクを含むメールを判断する負担を少しでも軽減するために、「明らかにタスクを含むメール」を自動的に判別するフィルタを設定しましょう。

明らかにタスク、というメールには

メルカリの発送依頼、評価依頼

宅配便の不在連絡通知(再配達依頼をする必要がある)

など。これらメールがきたらtodoラベルを付けるなりすると、うまくいきます。