そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【節約術】格安スマホ+IP電話(家デン)の二刀流をおすすめする理由

はじめに

特に一人暮らしの人にとっては、スマホで音声通話は事足りるため、自宅にわざわざ固定電話を引いている人なんてほとんどいないのではないでしょうか。しかし、使い方次第では、固定電話を上手に用いることでトータルの料金を大幅に削減する方法があります。

大前提 : 大手三大キャリアは使わない

まず、大手三大キャリアを利用することははっきりいって論外です。ショップでサポートを受けられるとか、無料でドーナツがもらえるとかは正直対したメリットではありません。月に8000円払うか、2000円以内に収めるかの違いのほうがよっぽど重要です。

そのような理由から、格安スマホを使いましょう。

スマホの通話料は総じて高い

まず、格安スマホといえども、スマホの通話料はめちゃくちゃ高いです。例えば楽天モバイルの場合は、20円/30秒(国内通話)です。

もちろん、LINEの通話であればデータ通信量を抜きにすれば0円ですが、なんだかんだ、ネット通話ではない通常の音声通話を利用する機会は多いと思います。例えば、

  • 宅配便の再配達依頼
  • ヘアサロンなどの電話予約(電話のみ対応のお店はまだ多いです)
  • 実家への連絡(携帯を持っていない親御さんも多いはず)

など。ほかにもいろいろありそうですよね。携帯からかけたら1分話すだけで40円です。どんなに手短に用件を伝えても、30秒はかかりますよね。

仮に、2分の電話を月10回するとすれば、通話料だけで月800円になります。

IP電話を進める理由

そこでおすすめなのが、IP電話です。

IP電話とは、ネット回線を利用した格安の通話手法のことなのですが、詳細は割愛します。私も使用しているソフトバンクのサービス「おうちのでんわ」の月額利用料は500円で、通話料はなんと1.3円/30秒です。スマホからの通話料と比較すれば、圧倒的に安いです。

どのように運用するのか

IP電話には自宅の固定回線を利用するものと、スマホの050アプリを使う二種類の方法がありますが、私は固定回線を利用する方法をお勧めします。理由は以下の通り。

  1. 携帯の番号を二種類運用するのはかなり煩わしい。特にアカウント登録に使う電話番号をごちゃごちゃにしてしまいがちで、ストレスの種。
  2. 相手にどちらの電話番号を教えているかいないか、把握するのが面倒。
  3. 携帯番号と家電番号の二種類を運用するのは大した苦ではない。
  4. 既に契約しているネットプロバイダがIP電話サービスを割安に提供していることがよくある。(モデムに電話線を差し込んで利用可能)

デザインなどを選ばなければ、電話機は新品でも2000円以内で購入できます。初期コストとしては大したことはありません。

まとめ

月々の通話料金を節約したいのであれば、IP電話を有効に利用するべき。