そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

インベスターZのAmazon Kindle版が1円?今なら超破格で売ってます。

はじめに

テレビ東京系列で最近ドラマにもなった三田先生の作品「インベスターZ」がいまならAmazon Kindle版で破格で読めます。この機会に一気読みしてみてはいかがでしょうか。全作まとめ買いしても1284円です。

※KindleのUnlimitedを契約しているのであれば、無料で読めます。

どんな漫画?

インベスターZはドラゴン桜などを手掛けた三田紀房先生の作品で、「天才中学生×投資」という異色のテーマで描かれた作品。全21巻。

中高一貫のエリート校、道塾学園の新入生である主人公、財前(ざいせん)の投資部での活躍を描いています。

この投資部、「3000億円を元手に年利回り8%で240億円を生み出し、それを学校経営資金に充てる」というとんでもないミッションを課せられており、そのミッションを実行するのが各学年のエリートで構成されたこの投資部。その活躍や生徒たちの葛藤、成長なんかが描かれています。

株や経済の仕組みがわかる

経済用語が学べる

三田先生の作品だけあって、話の中で勉強になることがたくさん出てきます。株式会社の仕組みとは、上場とは、FXとは、などなど、漫画ならではのわかりやすさなので、経済の仕組みがよくわからない人にとって学習素材としては最適。

出てくる企業は実名のものばかり

題材は現実離れしたものですが、株や投資に関する説明はかなり現実に即したもの。

特に、本作で登場する企業のほとんどが実在するものなので、読みながら「あの企業はこんな収益構造でビジネスをやってたんだな」とか、「この業界はこうなってるんだ」などのことも学べます。

このあたりで、三田先生のリサーチ能力の高さを実感させられます。

小中学生にもおすすめできる

インベスターZが連載されていたモーニングは青年誌なのですが、小学生や中学生にもぜひおすすめしたい作品です。学校で学んでいる経済や公民の勉強にもなると思います。

さいごに

三田紀房先生の著作「インベスターZ」がいまなら破格で利用できます。この機会に全巻まとめ買いしてみてはいかがでしょうか。