そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

立川まんがぱーくに行ってみた。アクセスや蔵書などの情報をレビュー

400円から利用可能、立川まんがぱーくがおすすめです

貴重な休日を予定もなくダラダラと無益に過ごしてしまうことってありますよね。そんな方に、都内でお金を使わずに、朝から晩まで暇をつぶせる立川まんがぱーくがおすすめです。一般的な漫画喫茶であれば時間単位でチャージされますが、まんがパークならどんなにダラダラしても400円です。

特に予定のない日や、立川で暇をつぶさなくてはいけないときなどに利用してみてはいかがでしょうか??

立川まんがぱーくへのアクセス

最寄りはJRの立川駅。中央線沿線であり、南武線の終着駅です。新宿駅から中央特快で27分。都心からのアクセスも良好です。

f:id:overconfidence1117:20180812102833j:plain

JR立川駅の改札前

JR立川駅の南口を出たらペデストリアンデッキを降りて、すずらん通りに沿って真っすぐ進みます。

f:id:overconfidence1117:20180812193632j:plain

JR立川駅南口

f:id:overconfidence1117:20180812102916j:plain

すずらん通りを直進

暫くするとすずらん通り右手側に、立川まんがぱーくが入ってる建物「立川市子ども未来センター」が見えてきます。地味な灰色の建物なので初見だと見つけにくいかもしれませんが、赤いのぼりが目印。

f:id:overconfidence1117:20180812103026j:plain

まんがパーク外観。見た目はほぼ公民館。
駐車場があるので自転車、車、バイクなどでも来れます

子ども未来センターのすぐそばには駐輪場、駐車場もあるので、自転車、車、バイクでも来れます。

f:id:overconfidence1117:20180812193047j:plain

立川まんがぱーくは建物の二階、小さな会議室の向かいにあります。

f:id:overconfidence1117:20180812103123j:plain

まんがぱーく入り口

館内にちょっとしたカフェテリアスペースがあるので、軽食やドリンクも利用可能(飲食物の持ち込みもOK)。読書の息抜きにいかがでしょうか。

f:id:overconfidence1117:20180812193534j:plain

軽食やドリンクも利用可能。完全に漫画喫茶。

立川まんがぱーくの利用方法

建物に入ったら、コインロッカー式の靴だながあるので、そこに外履きを入れましょう。ロッカー代金としてここで400円を入れます(これが入館料代わりになります)。

ロッカーのカギにSuicaのようなタッチ式カードがキーホルダーとしてついているので、これを使って改札を通ると館内に入ることができます。

後は席をとって漫画を読むだけですね。

立川まんがぱーくの特徴について

館内は畳とフローリングなので、素足で快適、自宅気分で読書できます。料金は入館料の400円のみなので、とてもリーズナブル。

個室はないのですが、こじんまりとした秘密基地みたいなスペースがありますので、ある程度のプライバシーは守られるかなと思います。もちろん、ベンチやカフェスペースなどのオープンスペースで読書することもできます。

蔵書のラインナップも四万冊と豊富で、少年誌から青年誌まであります。また、最新号なんかもちゃんと置いてあるので安心。

土日だと結構混んでいますが、混みすぎて座れない、といったことはまずないので大丈夫です。子供向けの施設なので、8月などの夏休みシーズンはかなり混雑するかもしれませんね。

立川まんがぱーくのいいところ

時間をわすれて永遠にだらだらできる

館内では老若男女問わずいろんな人が、畳でゴロゴロしたり、椅子に座りながら漫画を読みふけっています。雰囲気がめちゃくちゃ緩く、とてもリラックスできます。

漫画喫茶にありがちな閉塞感はない

一般的な漫画喫茶にありがちな閉塞感が全然ないとことが、とてもいいポイントです。漫画喫茶だとタバコのにおいがきつかったり、照明が暗くて閉塞感があったりするのですが、まんがぱーくならその心配はありません。

立川まんがぱーくのいまいちなところ

書棚の漫画のレイアウトがいまいち

書店で陳列されている本のように、出版社や、青年誌、少年誌別で分けられているとわかりやすく、目的の本を探しやすいのですが、残念ながら(?)、「料理」や「SF」などの、カテゴリ別に仕分けされています。このカテゴリ分けが少し雑で、変なところに目的の本があったりするので、若干不便を感じます。

一応、書籍検索用の端末もおいてあります。どの棚に本があるかはわかるのですが、その棚のどこに置いてあるのかを探すのが、若干めんどくさいかも。

ソフトドリンク、軽食は有料

漫画喫茶であれば、コーヒーやジュースなどのソフトドリンクが無料のところがほとんどですが、まんがぱーくではドリンクは有料です。ですが、利用料の安さを考えれば大したデメリットではないかもしれませんね。

小腹がすいても軽食なら館内で済ませることができるので、長居しても快適に過ごせそうです。

まとめ。時間がたっぷりある人におすすめ

都心で安価に暇をつぶしたい人に、立川まんがぱーくがおすすめ。一人で、あるいは友人や家族と一緒に利用してみてはいかがでしょうか?家族で行っても、デートでいってもいいかもしれませんね。

参考情報など

開館時間

平日 10:00-20:00

土日祝 10:00-21:00

アクセス

住所 190-0022 東京都立川市錦町3-2-26 立川子ども未来センター2F

※JR立川駅南口から徒歩13分

※多摩モノレール立川南駅から徒歩12分

※JR西国立駅から徒歩7分

交通・アクセス | 立川まんがぱーく