そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

100件以上取引したミニマリストが教えるメルカリ利用術

はじめに

フリマアプリでおそらくもっとも市場シェアを獲得しているメルカリ、年々その勢いは増すばかりで、ユーザー数もどんどん増えています。自宅のいらないものをどんどん排出できるので、ミニマリストにも重宝されています。

最近取引件数が100を超えたので、ノウハウや経験談をまとめてみました。

売り手側

値下げについて

3回の取引で2回くらいはいわゆる「値下げ」に出くわします。相手方から値下げ額を提示しなかったり、20000円を10000円にするような無茶な要求の場合は、無理ですの一言で片づけましょう。

丁寧にお願いされたときには検討の余地があるかもしれません。例えば、〇〇円でお願いできないでしょうか。などのようにお願いされた場合、即決でしたら値下げします。というとだいたいOKしてくれるので、おすすめ。

どんな場合でも値下げ交渉がしたくないのであれば、ユーザーネームに【値下げ不可】と書いておきましょう。

値下げ交渉を想定した価格設定にする

前述したようにメルカリには値下げ厨がものすごい数います。なので、常に値下げを想定した高めの価格設定にしておくと、いざ値下げ厨に遭遇した時にも、冷静に交渉に応じることができます。

取り置きについて

取り置きをお願いされるときもありますが、売り手側で製品をキープしておく利点が全くないので、どんな場合でも拒否でOK。例外として、何らかの理由で専用ページの作成を依頼された場合は、取り置きましょう。

せこいけど有効。『一円値下げ』を行う。

こうする理由は二つあります。

まず、3000円と2999円って、ものすごい価格の違いがあるようにみえませんか。視覚的に安くみせるために、1円下げておくといいです。

第二に、メルカリでは売り上げの1割が販売手数料として運営側に取られるのですが、500円なら販売手数料50円で実利は450円、また499円でも販売手数料は49円となり、実利は同じく450円です。そのため、売り手側買い手側両方の利を最適化するために、すこしせこいですが1円安くしておくといいです。

説明文のディテールにこだわらなくても普通に売れる

ものすごい丁寧に商品の説明文を書いている人を結構見かけるのですが、あまり効果はない気かがします。最低限書いておくべきことは、製品名(型番などがあればそれも)、家具家電などであれば製造年、同梱物(リモコン、ケーブルなど)、目立つ傷や欠陥があればそれを明記、これくらいで十分です。

買い手側が新たに情報を必要としているのであれば、コメント欄で聞いてきます。それがそのまま第三者にとっても補足情報になるので、変なコメントでなければそのまま消さずにとっておきましょう。

相場がわからなかったら高めに設定して、後で下げる

あまり市場に出回っていないもの、たとえばハンドメイドの製品やローカルなお土産品などは相場がわかりにくいです。そういう時は、気持ち高めに設定してから徐々に値段を下げていく手法がいいです。いいねがつき始めたら、その値段で暫くキープしておけばOK。

300円でひと月以上売れなかったら永遠に売れない

最低価格の300円に設定して、ひと月放置しても売れなかったらもうその品は永遠に売れないと思ったほうがいいです。PVもほぼ0に近いのではないでしょうか。

バーコードが便利

本のバーコードをスマホカメラでスキャンしてタイトルや説明文を自動で入力してくれる機能があります。便利です。

トレカの相場はわかりにくい

トレカの相場などは正直素人目にはわかりにくいです。遊戯王などの場合、同名のモンスターカードでも収録パックが違うと相場がガラッと変わります。昔遊んだ遊戯王カードが出てきて相場が全然わからない場合、中古屋で査定してもらってから出品するのもあり。

速攻で決めたければ相場の最安値で

何か月も在庫管理したくない、さっさと売り飛ばしたいときは、相場の最安値で価格を設定しましょう。

以下は、phaさんの著書「知の整理術」の価格相場(2018年8月現在)です。検索をかけて相場の最安値を調べて、それよりも少しだけ安くしておけばだいたいすぐ売れます。この場合は、650円くらいですかね。

f:id:overconfidence1117:20180819224800j:plain

「商品名 販売中 安い順」で検索すると、一番左上に出るのが市場最安値。これよりもすこしだけ安くしておけば、ほとんどの場合すぐ売れる。

買い手側

メルカリで買ったほうがいいもの

メルカリで買ったほうがいいものはずばり、本、CD、DVDなどの、中身としての価値が劣化しないものです。ボタン一つで自宅のポストまで投函されるので、ものすごく手軽、かつ価値が衰えにくいので利用後にまたメルカリで売りに出すことができます。

いいねの使い方

メルカリには「いいね」機能があります。使い方は人それぞれだと思いますが、ぼくはAmazonでいうところの「ほしいものリスト」の要領で使っています。いいねしておくとその商品ページのPVがわかるようになるので、どれくらい人気があるか、需要があるのかわかり、購入するか否かの判断材料になります

せどりについて

いまだにメルカリにはせどり(転売ヤー)がいます。自動ツールを駆使してAmazonよりちょっとだけ高い価格設定で販売し、そのマージンを得ているみたいですが、買い手側からしたらちょっとだけ高い値段で買わされるので、たまったもんではないですよね。

転売品の見分け方は簡単で、サムネ画像が明らかにどこかの商品ページのコピペである場合がほとんど、そのような商品には手を出さないようにしましょう。

f:id:overconfidence1117:20180819231609j:plain

ちょっと怪しいのはこんなの。サムネが別サイトのコピペになっているやつ。

想定されるトラブル

敬語が使えない系のユーザーに出くわしたら

10~20人に一人くらい、敬語や日本語が正しく使えないユーザーに出くわします。

「じゃーおねがい」等の無礼なフレーズ、「値下げできますか?あと取り置きお願いしますね。」等の自分の要求だけ図々しくいってくる輩を目にしてきました。

おそらくですが、中高生や常識のない大人だと思います。怪しいなと思ったら、なるべく取引しないようにしましょう。そのアカウントの評価がどうなっているかも確認するといいかもしれません。

発送してくれない人に対して

たまに購入した商品をなかなか発送してくれない売り手います。そのような場合は、

  • 相手が仕事などで忙しい。
  • 長期の出張や旅行で対応できない。

なども考えられるので、あまり厳しいクレームを言わずに、穏便に対応するのがいいです。どうしても送ってくれないなら、あきらめるのも手です。払った代金は全額返金されるので、買い手側に痛手はありません。

最後に

私のアカウントはこちらです。もしよければ見ていってください。