そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【語学】英語学習にお勧めな洋画、海外作品などを紹介します。

はじめに

洋画や海外アニメで英語を学ぶのはかなりコスパのいい手段です。ただ、どれを見るのがちょうどいいのかがは初学者にはよくわからないはず。

そこで、難易度別にお勧めの作品をまとめてみました(基本的には、対象年齢と難易度が比例します)。

初級者でもわかる、簡単な作品

ミッフィー(難易度★☆☆☆☆)

クレイアニメの「ミッフィー」は英語がとても簡単なので、英語学習初学者におすすめ。中学、高校レベルでも十分ではないかなと思います。

世界観がとてもゆるふわで難しい話ではないので、簡単に理解できます(日本でいえばしまじろうのアニメに似てる)。

残念ながらamazonプライムビデオだと日本語しかないみたいです。

www.amazon.co.jp

きかんしゃトーマス(難易度★★☆☆☆)

きかんしゃトーマスも子供向けアニメなのですが、ミッフィーより英語レベルは一段階上。高校生で英語が得意な人でも理解するのが少し大変かも。

中級レベルの作品

ディスニーアニメ(難易度★★★☆☆)

アナと雪の女王やアラジンなどのディズニーアニメは中級レベル。全体のストーリーもそこまでややこしくないく、勧善懲悪的なストーリーでわかりやすいので、理解が容易です。

スターウォーズ(難易度★★★☆☆)

スターウォーズも中級レベル。特に、オリジナルトリロジー(旧三部作)といわれているエピソード4, 5, 6なんかは、共和国vs帝国という超簡単なストーリー構成なので、理解しやすいです。会話のスピードもナチュラルでノンネイティブにも聞き取りやすい。

バックトゥザフューチャー(難易度★★★★☆)

バックトゥザフューチャーの三部作(パート1, 2, 3)もすこしレベル高め。マーティーとドクのやり取りやビフの煽り文句など、発話スピードが総じて速いので、聞き取りに難儀します。Amazonプライムビデオで全作無料で見れるのでおすすめ。

ハリーポッターシリーズ(難易度★★★★☆)

ハリポタシリーズの難易度は少し高め。英語に自信がある人でも聞き取りに少し苦難してしまうかもしれません。固有名詞や呪文が多いのでそこも難点。

かなり難しめの作品

マーベル作品(難易度★★★★★)

アイアンマンなどのマーベル作品は結構レベル高め。ビジネスシーンとかが多いので、話者の一文が長かったり、難しい言いまわしが多いので、英語に自信がある人が見ても何をいってるのか全然わかんないなんてことも。

まとめ

英語学習で洋画などの海外作品を見るのがおすすめだが、レベルを間違うと挫折しがち。自分のレベルにあった作品を見つけてみてください。