そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【断捨離】これはなくても大丈夫という、いらないものリストをまとめてみました。

はじめに

これを捨てても案外なんとかなるという、いらないものリストをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

捨てようかなと一度でも検討したものは大体、捨てても何とかなるといいます。実際僕が手放してみたものと、手放した後の感想をまとめてみました。

炊飯器

炊飯器はなくても大丈夫です。代わりにお勧めなのが、圧力鍋を用いること。時短になるしおすすめです。三合炊きであれば、加熱>加圧>減圧で計15分くらいで炊けます。

炊いた後のごはんのこびりつきを処理するのがしんどいので、このような内側にテフロン加工がされているのがおすすめ。すこし高いですが後処理が楽です。

電気ケトル

お湯を沸かすための電気ケトルがなくても全然大丈夫です。お湯を沸かすだけであれば普段使いの鍋ややかんでもOK。

使用頻度にもよるかもしれませんが、あまりお湯を沸かさないのであれば、わざわざ電気ケトルを持つ必要性はないかもしれません。

冷蔵庫

冷蔵庫なし生活を実践しているミニマリストさんは数多くいますが、僕もやっています。実際にやってみてわかったことは

  1. 在庫管理をしなくていいので気が楽
  2. 食材を腐らせる心配がない
  3. 電気代が安くなる(月800円くらい)

などなど、メリット多いです。家族世帯やシェアハウスの住人のように、大人数で暮らしているのであれば冷蔵庫なし生活はかなり難しいのではないかと思います。しかし、一人暮らしかつ徒歩圏内に早朝から深夜までやってるスーパーがあるのであれば、冷蔵庫なし生活をやってみる価値ありかなと思います。

電子レンジ

電子レンジもなくてもOK。代わりに、温めたい場合はコンビニやスーパーの電子レンジを利用しましょう。特に一人暮らしの人におすすめ、電気代も浮きます。

お風呂の椅子

お風呂でつかう腰掛けもなくてもいいのではないでしょうか。腰掛の裏側なんかかびやすく手入れも必要なので、あるよりないほうが手間も省けます。

バスマット

バスマットはいらないです。浴室から脱衣所に出る前に、バスタオルで足裏を拭いてから踏み出せば、床を一切ぬらさずにすみます。特に大した手間でもないので、おすすめ。

バスマットを洗う、バスマットをどかして床を掃除する、そのひと手間を断捨離できます。

バスタオル

バスタオルではなく、フェイスタオルで体をふくことも可能。バスタオルとフェイスタオルの二つを運用する必要がなくなるので、おすすめ。

人によっては温泉でもらう「手ぬぐい」でなんとかなっちゃう、みたいな人もいるかも。

紙の本、特に漫画

紙の漫画は場所をとる割には情報密度が低いので、電子版を積極的に利用することが無難。家の空間を圧迫している漫画を一掃してみてはいかがでしょうか。

最近は書籍電子化代行サービスなんかもあるので、おすすめです。