そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【お金】QOLを落とさずに生活コストを下げる簡単な方法

生活コストを下げつつ、必要十分な生活を目指すことが重要

f:id:overconfidence1117:20180725065250j:plain

節約倹約と聞くと、やりたいことや趣味、楽しみを我慢して出費を減らすことのように思えます。それはつらいですよね。

そうではなくて、無駄なものことを大きなものから小さなものまで、徹底的に省いて、「必要十分な生活」をすることできれば、QOLを低下させずに出費を減らすことができます。また、無駄の削減は何より、「楽しく」行えます。無駄がないのでむしろコストカットする前より、後のほうが満足度はあがるかもしれません。

たとえるなら、筋肉や骨を溶かす節約ではなく、ぜい肉のみ徹底的に減らすような節約が理想的。満足度や生産性を一切落とさずに、コストを減らしましょう。

コスト削減、節約の前に、レビューが必要

コスト削減の第一歩は、まず出費を正確に把握することです。これができないと先に進めません。

とはいっても、細かいところに気を取られすぎるとこの段階で挫折してしまうので、以下の点に特に注意しながら出費の内訳を把握するとうまくいきます。

  1. 固定費から把握する。
  2. 大きな出費、毎日出ていく出費に特に着目する。

レシートをいちいちチェックするのが面倒、という方は、マネーフォワードを用いて出費の内訳を自動化するのがおすすめ。

出費を減らすのではなく、大胆に切る

生活コストの削減では効果は薄い

把握したら、次はそれを減らせばいいのですが、いつもより安い肉を買うなどのぬるいコストカットでは大した効果は得られません

節約は、支出を削るのではなく、やめる。

ところで、三田則房さんの著作「インベスターZ」の18巻、160話に、「家計のリストラ」に関する話があります。貯蓄ができない悩める主婦への、喫茶店経営者からの一言が実に的を得ています。

リストラとは削ることではありません。やめることです。

~コスト削減の最も効率的な方法は活動そのものをやめることである...と 

つまり、コスト削減でちまちまカットするのではなく、自動車やスマホなどの大型固定費をバッサリ切り捨てることが貯蓄のために有効であるという話。何をリストラすべきかは、支出をレビューしながら決めましょう。

mitanorifusa.com

家計のリストラの基準は、自分自身の価値観

まず、最大化よりも満足化を意識する

例えば、屋根があって寝ることができればそれでいいという人にとっては、高い家賃を払って部屋を借りるのと、シェアハウスのドミトリに泊まったり友人宅に居候するのとでは、おそらく得られる満足度は同じですよね。

また、味音痴というと語弊があるかもしれませんが、高級食材と数百円の安物食材の違いが判らない人にとって、両者を食べたあとに得られる満足度は同じはずです。

とりあえず一番いいものを、とりあえず一番高いものを、という考え方は危険です。お金の出しどころも、自分の価値観とうまく照らし合わせて考えましょう。ポイントは、どれくらいで「これでいいや」とか「なくてもいいや」と思えるかですね。

sibu2.com

見栄を張らない、周りに合わせない、世間体を気にしない

けちけちしてると周りから変な目で見られないかとか、出費を抑えすぎて人付き合いに影響が出ないかなどと考える場合もありますが、そこは、「自分が思っているほど他人は自分に興味がない」の一言で割り切りましょう。

行く必要がないと感じた飲み会を断っただけで人間関係に軋轢が生じるようであれば、そもそもその人間関係自体を疑ってかかる必要がありそうです。