そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【リラックス】自律神経の調子を整えるためのコーピング方法を紹介

はじめに

f:id:overconfidence1117:20180829022547p:plain

仕事で疲れる、生活リズムが崩れて疲れるなど、現代人と疲れは切っても切り離せない関係だと思います。そこで、私自身が実践してこれは効果てきめんと考えらえる、コーピングレパートリーをまとめてみました。

コーピングは質よりも量です。とにかくいろいろ試して、自分にあったものを見つけてみてください。

今すぐできること

深呼吸する

深呼吸がストレスや緊張状態に効果てきめんであることは、上げたらきりがないほど科学的根拠があるそうです。ブリージングのリズムややり方は様々あるそうですが、とにかくゆっくり丁寧に息を吸ってはいてを繰り返せば、間違いなく効果が出てきます。

ちょっと時間をかければできること

ワークアウト

自転車やランニングなど、有酸素運動はストレス解消に効果ありです。ぎりぎりまで追い込むような過度な負荷をかけずに、低負荷長時間の運動のほうがいいです。

公園、神社を散歩する

近所の公園や神社を散歩するだけでも、ちょっとした非日常体験が味わえます。特に早朝であれば人も少なく落ち着いた雰囲気であるため、早朝散歩もおすすめ。

身の回りの掃除、整理整頓をする

部屋の乱れは心の乱れです。部屋の中を丁寧に掃除したり整理整頓するだけでも、心の中の掃除になります。

音楽を聴く

音楽を聴いてリラックスに努めるのもおすすめ。私のおすすめはジャズです。カフェにいるような気分で落ち着くことができます。

おしゃべりをする

電話でも、対面でもいいので、親しい友人とおしゃべりをするだけでもリラックスに効果ありです。たわいもない会話を通してでも、自分の内面を客観的に見つめることができる、自分の心と頭の内面、状態を把握できるなど、メリット多いです。

カフェにいく

カフェでゆっくりコーヒーを飲むのもおすすめ。わざわざ遠出しなくても、家でコーヒーを丁寧にいれて飲むだけでもいいかもしれません。

釣りをする

釣りもおすすめ。竿の先を見つめながらひたすらぼーっとする時間は、あわただしい日常を忘れさせてくれます。

半日、あるいは一日かけて行うこと

美術館に行く

美術館もおすすめ。美術館の館内はとにかくきれいでものも少なく、疲れた心をいやすにはとてもいいです。

銭湯、温泉などでリラックス

銭湯や温泉に赴き、大きな湯舟につかってのんびりするだけでも効果はあります。銭湯であればワンコイン以下で利用できることがほとんどなので、コストもほとんどありません。

数日かけて行うこと

旅行にいく

時間と金銭的余裕があれば、ぜひ旅行にいってみましょう。非日常体験はやはりストレスや乱れた自律神経の回復に有効です。

あまりハードな旅行プランだと帰宅時に疲れてしまい本末転倒なので、のんびりゆっくりプランがおすすめ。

実家に里帰りする

旅行が難しいのであれば、実家への里帰りがおすすめ。旅行と同様のリラックス効果が十分期待できます。

環境調整でできること

観葉植物を設置する

自宅のベランダや室内に観葉植物を置いてみてはどうでしょうか。植物が目に入る位置にあるだけでもストレス軽減に効果があるそうです。

アロマをたく

アロマディフューザーをつかってアロマをたいてみるのもおすすめ。ディフューザーは安価なものであれば2000円くらいで買えます。

その他

時間的猶予を捻出する

疲れてしんどい時というのは、時間的猶予がないことがほとんどです。自分がコントロールできる範囲で、時間的猶予を生み出しましょう。早起き、朝活がおすすめ。

ぐっすり寝る

睡眠不足はやはりまずいです。睡眠不足の自覚があるとしたら、そこを改善しましょう。

あまりお勧めできないこと

何もしないでだらだら

何もしないでだらだらすることはなんだかリラックスに有効そうですが、あまりおすすめできません。疲れているときに限って頭の中で思考が堂々巡りになって、余計疲れてしまうこともあります。

スマホやパソコンのネットサーフィン

スマホやパソコンいじりも一見リラックスできていそうですが、実は逆。脳のエネルギーを無駄使いしているようなものなので、あまりおすすめできません。

テレビ

テレビがお勧めできないのもスマホいじりと同じ理由です。