そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

HDや4Kの意味は?意外と理解されていない解像度について徹底解説

はじめに

最近家電屋さんにいくと「4Kテレビ」をよく見かけますよね。家電に詳しくないひとでも何となく映像がきれいで、普通のテレビよりもいいんだな、ということはたぶんわかると思います。

この4Kは、画素数がフルハイビジョンの四倍である高解像度ディスプレイのことなのですが、「画素数」とか、「解像度」とか、わかっているようでわからないことも多いですよね。

そこで、解像度や画素数について整理してみました。

画素数と解像度について

画素数は、画面内にいくつドット(点)があるか

ディスプレイは基本的に、とても小さなドット(点)を縦横に密に並べて映像を再現しています。画素数とはこのドットがどれくらいの数あるかということを示したもので、数が多い=映像再現性が高く高性能、と考えることができます。

最新のディスプレイでも原理的にはゲームボーイやたまごっちのドット絵と同じで、違いは画素数だけです。

解像度は、「現実の絵をいかに忠実に再現できるか」の指標

解像度を、厳密に定義するのであれば「二点間を分離して識別できる最短の距離」として定義できます。現実の絵をいかにリアルに再現できるか、というとわかりやすいかもしれません。モザイク加工なんかは、意図的に解像度を落として現実の絵を荒くして、見にくくしている加工と考えることもできます。

解像度も画素数もほぼ同じ意味なので、しばしばディスプレイの性能を表す指標としてよく使われます。

身近なメディアの解像度、画素数はどうなってる?

DVD

DVDの解像度は、プレステ2と同じで画面比率が4:3であれば640×480です。実はこれ、(後述しますが)地デジ放送よりも画質が荒いんですよね。

昔のブラウン管テレビにDVDプレーヤーをつないでDVDを観たり、プレステ2のゲームで遊んだりして、画面のきれいさに感動した経験は誰にでもあるかなと思います。

しかし、HDのディスプレイや地デジテレビでDVDを再生すると「?」ってなってしまうくらい画質が落ちているように感じます。

ブラウン管テレビでDVDを見るときれいにみえるのは、DVDの画素数がアナログ放送に勝るためです。一方、DVDを地デジテレビで見ると「?」となってしまうのは、DVDの画素数が地デジ放送の画素数に負けてしまうためです。

ちなみに最近のプレーヤーにはアップコンバージョンという機能があって、オールドメディアの解像度をHDや4K相当に引き上げる、という機能をもつプレーヤーもあったりします。

LGのアップコンバージョン機能付きブルーレイプレイヤーならお手頃価格で利用可能

blu-ray(ブルーレイ)

ブルーレイメディアは4Kブルーレイに次ぐ解像度の映像メディア媒体で、解像度は1920×1080。プレステ3もブルーレイと同じ解像度です。

実は、地デジ対応のテレビでもフルハイビジョンではない普通のハイビジョンテレビだと、ブルーレイの高解像度をフルに再現できません。もしブルーレイの画質をフルに再現したいのであれば、テレビの解像度にも注意しなければならず、せっかくのブルーレイの高画質を無駄にしてしまいます。

デジカメ写真

最近のデジカメ写真の解像度は4000×3000が主流。テレビでいれば4Kクラス。結構ありますよね。

スマホの画面で画像を見ていまいちでも、HDディスプレイにドーンと移してみると、「めっちゃきれい!」ってなったりします。これは、スマホが元画像の高画質をフルに再現できてなかった、ってことですね。

逆に考えると、4K動画はデジカメ画像並みの画質の映像を映しているということになります、なかなかすごい。

地上デジタル放送

地デジの解像度は1440×1080です。アスペクト比率が4:3なので、数字は低く見えますがブルーレイとほぼ同等の画質です。

原理的には地デジ放送=ブルーレイなのですが、いろいろな理由からブルーレイのほうが画質が高いことがほとんどなみたい。

4K

4Kの解像度は、3840×2160で、ちょうどフルHDの四倍(縦二倍、横二倍)。ブルーレイのほうが画素数が低いので、4Kテレビでブルーレイをみてもテレビの性能をフル活用できません。

4Kテレビはまだ買わないほうがいい理由

そう考えると、4Kテレビはまだ買わないのが得策かなと思います。netflixも4K画質のコンテンツを出し始めたり、4K対応のブルーレイも出てき始めていますが、肝心のテレビ放送がまだ4Kに全然追いつていません。

高性能のテレビをもっていても、肝心の映像ソースがまだ追いつてきてないので、あと数年は買うのを待ったほうがいいかも。

まとめ

テレビを選んだりするうえでの重要な指標である解像度についてまとめてみました。いかがでしたでしょうか。