そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【SNS戦略】フォロワー数が増える。超初心者向けのTwitter戦略

はじめに

f:id:overconfidence1117:20181019162048j:plain

Twitterのフォロワー数、増やしたいですよね。今日ではいろいろな方がTwitterのフォロワー数を増やす独自のテクニックを紹介しています。私のフォロワーの絶対数はお世辞にも多いとは言えませんが、以下の小技を効果的に用いることでFF比を4.7まで上げることができています(2018年10月現在)。

twitter.com

そんな私が、超初心者向けのTwitter戦略をまとめました。

先ず理解すべき考え方

人はなぜフォローをするのかを理解する

なぜ人はフォローするのかをまず理解する必要があります。その理由はずばり

あなたの発信する情報が有益で、今後も獲得したいから。

です。価値を無償で与える(giveする)ことができれば、フォロワーを獲得することができます。

ツイートを読まれる人になる

多分皆様も納得していただけると思うのですが、読まれるツイートの判断基準は中身ではなく人です。指をすらすら動かしてTLを眺めてるとき、以下の二つのツイートが目に入ってきたとします。

  • フォローされたからとりあえずフォロバした人のツイート
  • その人が発信する情報がほしいからこちらからフォローした人のツイート

どちらのツイートが読まれやすいかは火を見るよりも明らかです。

価値ある有益な情報を発信し続けることは、「この人の発信する情報は有益だ」と相手に認識させる効果があります。

集客力よりもコンテンツ力

人を集めること(集客力をつけること)自体は実はあまり難しくはありません。ココナラでお金を払ってインフルエンサーに拡散してもらうことも、インフルエンサーをメンションしてRTしてもらい、拡散してもらうことも実は簡単にできます。

既にPVを稼いでいるオウンドメディアがあるのであれば、そこから誘導することもできますしね。

f:id:overconfidence1117:20181016011902j:plain

しかし、実際に人を集めた先にあるものが貧弱だったらどうでしょうか。フォロワーもつかず、ただ大量の人が通過するだけの結果になっています。

典型的な例は「バズ」です。いかに集客が莫大でも、集めた先にあるものが貧弱だと、ただ台風がきてそれでおしまい、という結果になります。

コンテンツ力を上げる→集客できる→フォロワーが上がる、という順番がやはり正攻法です。コンテンツ力をないがしろにして集客を優先しないようにしましょう。

フォロワーを減らすのも重要

フォロワー数を上げるのと同様に、フォロワー数を減らすのも重要です。その理由は、本当に自分の発信する情報に興味を持っている人だけになるので、フォロワー全体の質が上がるから。新陳代謝が活発になるということです。

フォロワー数という数字そのものを増やすのに躍起になっているせいで、リムーブされるのを恐れて自由なツイートができなくなっていては本末転倒です。

本当に欲しいのは数ではなく信頼です。目先の数字に一喜一憂しても全く意味はありません。

使い勝手のいいツイートを意識する

使い勝手のいいツイートとは、相手が反応したり、引用しやすい形式のツイートのこと。つぶやくというよりも、ツイートを納品する感覚です。

f:id:overconfidence1117:20181016134853j:plain

使いやすい(反応されやすい)ツイートとは以下のようなもの。

疑問を提起する
スタンスをとって意見する
お役立ち系のツイートをする

見た人がRTやいいねをしやすくなるのはもちろん、ほかのブログで埋め込み引用される可能性も高くなります。引用拡散されると人の目にふれやすくなるため、潜在顧客の獲得に貢献できます。

一ツイートに含まれる情報は原則一つにする

いまも話題の物書き必読の伝説的名著『知的生産の技術』のこの言葉が非常に参考になります。情報蓄積ツールとしてのノートとカードについての話の一節です。

~いちばんこまるのは二重うつしをやってしまうことだろう。二つの内容が一枚にはいっていて、どちらにも利用できないのだ。カードも、一枚のカードにふたつ以上の内容がはいっているのは、こまる。一枚のカードにはひとつのことをかく。この原則は、きわめてたいせつである。

~カード法の初心者は、たいてい一枚のカードにたくさんのことをかきすぎて失敗するようだ。

Twitterのひとつのつぶやきが一つの情報カードと考えれば、この助言はそのままツイートに応用可能。一つのツイートに二つ以上の情報が混在していると、どちらにも利用できず、利用価値は下がります。

つぶやいたら効果測定をしてPDCAを回す

いいね率を見る

いいね率(いいねの数/ フォロワー数)が0.01を超えるツイートは、「よいツイート」とされているそうです。この判断基準を使って、自分のツイートが無益なのか有益なのかを判断することができるので、PDCAを回す際にこの指標が役に立ちます。

タイムラインの整理を定期的にしてもいい

いいね率などを参考にして、反応がいまいちなツイートを消してTLを整理するのも有効です。直近のつぶやきは、フォローするかどうかの判断基準になるので、反応の悪いツイート(ゴミ)を整理しておくとフォローされやすくなります。

どうでもいいツイートもしたほうがいい

有益な価値あるツイートをしなければ、と意気込みすぎると、意識高い系ツイートだけつぶやくbotになってしまいます。なので、2, 3割程度は日常系の無益なツイートをしたほうがいいかも。

とはいっても、雑すぎるとよろしくないので、ちょっとだけ価値を持たせるように工夫したほうがいいです。

おすすめは、やったこと+感想の構文にすること。「素人の率直な感想」は意外と需要があるので、これだけで価値あるツイートにすることができます。以下はその例です。

一人でも多くの人の目にふれさせる小技

有名人の方にのっかる

これも有名な手段ですが、有名人の方をメンションしてRTをしてもらうという方法があります。媚びているだけと非難されることもあるようですが、ゼロリスクなので使わない手はありません。

企画する

フォロー&RTで○○します、のような『企画系』も有効。もちろん新たにフォローしてくれた人が全員自分の発信する情報に興味を持つことはないですが、RTでつながった相手なので自分と興味が似ている可能性が高く、潜在顧客になりえます。

原液を作る、種をまく側にまわる

ホリエモンこと堀江貴文さんが著書『多動力』でこのようなことを述べています。

世の中には2種類の人間がいる。それは、「原液」を作る者と「原液」を薄める者だ。「原液」を作れば、自分の分身が勝手に働いてくれる。あなたは、「原液」を作れているだろうか?

RTや引用RTが多いとその人の意見やオリジナリティが出せず、まとめサイトのようなTLになってしまいます。

話題に便乗して意見したり誰かのツイートに賛同するのではなく、問題を提起したり、自らが感じた疑問から意見するほうが、オリジナリティの高い価値あるツイートになります。

やってはいけないこと

愚痴、特定の個人への攻撃はNG

有名人の不祥事などが起きると大衆が一斉にその個人をたたく、いわゆる『炎上』が起こります。これに便乗して売名する行為はご法度です。拡散はされるかもしれませんが、既フォロワーの信頼を低下させることになります。

フォローを外されてもネチネチ非難しない。

無言でフォローを外されることはよくありますよね。それに対して「フォロー外された...」などと空中リプをするのもよろしくありません。

外された理由は、あなたの発信する情報が不要と判断されただけです。価値がないと判断されたわけではなく、単にマッチングが不成立だったと解釈して、無駄に落ち込むことのないようにしましょう。

フォロワーを束縛しない、相互フォローの圧力をかけない

相互フォローになったら、「フォローありがとうございます!これからもよろしくお願いします!」のようなDMを送る人がいます。これ、やられた相手は心理的にフォロー外しにくくなるんですよね。

また、フォロバがきたらすぐに自分のグループ、コミュニティに誘う人もいますが、これもやめたほうがいいと思います。

信頼関係の構築をすっ飛ばしてフォロワーをつなぎとめる行為なので、やめましょう。

実はやったほうがいいこと

似たようなことでもたくさん言う

過去にウケたつぶやきをそのままサルベージして再度つぶやいたり、ちょっとだけ改定してからつぶやくのは実は有効です。

新規に獲得したフォロワーは過去のツイートを見ていないので、二番煎じににはならないですし、そもそも数か月前とかのツイートであれば覚えている人はほとんどいないはず。

連投してもいい

連投行為はTLを汚すためご法度とされている、と考えている人もいるみたいですが、全然OKと考えています。ゴミを流すわけではなく情報を流しているわけですので、全然迷惑にはなりません。

まとめ

以上となります。長々と書いてしまいましたが、何かのお役に立てばと思います。