そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【ToDoリスト】実際に使ったおすすめタスク管理ツールを比較レビュー【iPhone/ Android】

タスク管理ツールは一長一短。あなたにあったお勧めを教えます。

やるべきことの管理はとても重要です。ビジネスとプライベート両方で、優先順位をうまくつけながらタスク管理をすることが理想的ですが、ほいほいとカンタンにできるのであればだれも苦労しないですよね。

そんなやるべきことを整理する「タスク管理」に特化したスマホアプリはたくさんあるのですが、たくさんありすぎてどれがいいのかわからない、また、機能面でもかなりの違いがあるため、どれがベストなのかまったくわかりません。

そこで、これはお勧めというタスク管理ツールをまとめてみましたのでご紹介します。すべて、わたしが実際に使って確認しています。

f:id:overconfidence1117:20181021202738j:plain

できること多め、高性能で玄人向けなタスク管理ツール

とにかく機能が多い、Toodledo(トゥードゥルドゥ)

www.toodledo.com

タスクのラベリングやカテゴライズ、実行予定日や期日などなど、とにかくタスクに付与できるプロパティの数がとても多いのがToodledoの大きな特徴。多すぎるので、使用するプロパティのみを表示編集できる仕様になっています。

GTD*1との相性も非常に良く、収集(把握)のプロセスで吐き出した大量の「気になること」の箇条書きを丸ごとコピペして投下できるため、便利です。

しかし、デメリットもいくつかあります。日本語版のUIがなく、またAndroid版の純正アプリだとできることがかなり制限されます。スマホ上の運用はiPhoneやiPadなどでないと難しいです。

PC上でじっくり腰を据えながらタスク管理をしたい人におすすめです。

GTDに特化したタスク管理アプリ、Todoist(トゥドゥイスト)

ja.todoist.com

Todoistは、GTDの運用に特化したタスク管理アプリです。

インボックスに「気になること」をまず突っ込み、それを分類整理し、プロジェクトとタスクの入れ子構造をもつユニットを複数管理するGTDの基本原則に沿ったUIになっています。階層構造は複数段階設定可能です、サブタスクの下にサブサブタスクを設定することも可能。

こちらもToodledoと同様に、日本語UIがないのがデメリット。

GoogleカレンダーやEvernoteと紐づけすることが可能で、Googleカレンダー上にTodoistで作成したタスクを表示させることなんかも可能。どちらかで施した変更が同期されるようになっていますので、タスクのスケジューリングをGoogleカレンダー上で行うこともできます。

無料で利用可能ですが、年3500円のプレミアム版を利用するこどですべての機能が利用可能となります。

ToodledoとTodoistどちらを使うかはかなり悩みどころです。多機能重視ならToodledo、GTDの原則に忠実に乗っ取って運用したいならTodoistかなと思います。

UIがおしゃれ、Wunderlist(ワンダーリスト)

Wunderlist | To-do リスト、リマインダー、タスク管理 - App of the Year!

ToodledoやTodoistと比較すれば、使用難易度は比較的低め。

UIのデザイン性が高く、とにかくおしゃれ。背景画像の設定なんかもできます。機能面ももちろん充実。フォルダ管理や共有、スター、期日や名前などによるソートなどの機能はすべてそろっています。

プロジェクトベースの高度なタスク管理ではなく、買い物や家事、雑用などのちょっとしたことを管理することにどちらかと言えば向いています。やるべきことを入れて、終えたらチェックするといったシンプルな使い方が向いています。

徹底的にミニマル、無駄な機能がないシンプリスト向けのツール

GmailやGoogle Calendarとの相性抜群、Google To Do リスト

play.google.com

最近Googleからリリースされたタスク管理アプリ。Goolgeがこれまで提供していたタスク管理サービス、Google Tasksとの互換性があります。UIはかなりシンプルで、Googleおなじみのホワイトとブルーのミニマルさが特徴。

Google CalendarやGmailなどのGoogleが提供するサービスとの相性はもちろん抜群。Gmailに届いたメールをそのままタスク化したり、GmailやGoogle Calendarをを開きながらサイドバーでGoogle Tasksに入れたTo Doを確認することも可能。

致命的なのは、繰り返しタスクの設定ができないこと。単発モノしか入れることができないので、人によってはかなり不便を感じるかも。

徹底的にシンプル、Any.Do

www.any.do

こちらもミニマルで無駄な機能を求めない人におすすめ。やることをリストにして、それをリスティングすることに特化しています。

デザインを白を基調として、徹底的にミニマルなものになっています。

特徴的な点は、音声入力があるところ。入力にスピード感を求めている人にはおすすめかも。

二大メモアプリによるタスクの運用も可能

Google Keep(グーグルキープ)

二大メモアプリの一角、Google KeepもAndroidユーザーであればおすすめ。ノートに書いてそれを処理するという運用方法で、感覚的にはポストイットにやることを書いてPC画面にペタペタはるあの感覚に似ています。

Evernote(エバーノート)

こちらもメモアプリの有名どころ、Evernoteです。チェックリストを作ることができるので、やることリストのノートを作成してタスク管理をすることも可能です。

関連記事

www.productiveminimalist.net

*1:David Allen氏が提唱するやるべきことを管理するための手法。2000年代に開発されたものだが、今日でも十分役に立ちます。詳しくは→【再掲】GTD歴6年目の私が、これ以上ないくらい丁寧に解説します | BrownDots