そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【アナログ】ミニマリストが勧めるタスク管理におすすめのツールを比較レビュー

紙やノートなどのアナログが好きな方のために、おすすめのタスク管理ツールをまとめました

タスク管理ツールは今やデジタルが基本と言ってもいいくらいになっていますが、手書きが好き、という人はかなります。また、現場仕事など、紙とペンしか持ち込めない状況のひともおそらく結構いますよね。

そこで、紙やノートブックなどのアナログ愛好家向けに、タスク管理にお勧めなツールをまとめました。

それぞれのツールを五段階で評価しています。持ち運びしやすいかどうか(携帯性)、ビジネスシーンでも謙遜なく使えるデザイン性か(見た目)、書きやすさやハンドリングのしやすさ(機能性)、お手頃価格で利用できるか(コスパ)の四つの評価項目から評価しています。

RHODIA(ロディア) No.11

携帯性 ★★★★☆

見た目 ★★★★☆

機能性 ★★★★☆

コスパ ★★☆☆☆

ちょっとお高めのメモパッド、ロディアのNo.11はタスクリストの管理におすすめ。

No. 11をはじめロディアのメモパッドは独自規格が多いのですが、これは7.4×10.5 cmで、ポケットに収まるジャストサイズです。

紙質もかなりいいので書きやすく、空中で書いてもしっかりかけます。上司から指示を仰ぐときなど、タスクが発生するその場でリスト化することも容易です。

方眼紙になっているので、タスクのチェックマークを書いたり箇条書きをするときに便利。

上からぺりぺりと切り取れる仕様になっているので、完了済みのタスクを書いた紙を切り離して捨てることも可能。完了済みのタスクが目に入るのが嫌いな人、いますよね。

スマホのように、専用カバーも販売されているので、カバーをつけて個性を出すのもいいかも。

マルマン Mnemosyne 行動予定表

携帯性 ★★☆☆☆

見た目 ★★★★☆

機能性 ★★★★★

コスパ ★★☆☆☆

ルーズリーフでおなじみの文具メーカー、マルマンが販売しているノートブランド、"Mnemosyne"の行動予定表もおすすめ。

A6サイズで少し大きいので、懐に携帯してその場その場で使用するというよりも、デスクのそばに置いて閲覧しながら作業をするのに適しています。スパイラルノートなのでページを開いてそのまま置けるので便利。

f:id:overconfidence1117:20181022014430j:plain

RHODIA No.11とMnemosyne行動予定表。Mnemosyneの方が一回り大きい。

持ち運ぶときも懐より鞄の中に入れるのがおすすめ(ポケットに入れるとふっくらとしてダサい)。

チェック欄が既に書いてあるので、自分でチェック枠を書き込む必要はありません。

Mnemosyneの行動予定表もRHODIA同様に、切り離せる仕様なので完了済のタスクが書いてあるページは切り離して捨てたり、または行動記録として別場所にファイリングしておくことも可能。

Moleskine(モレスキン)

携帯性 ★★☆☆☆

見た目 ★★★★★

機能性 ★★★★★

コスパ ★☆☆☆☆

お洒落さん向けのハイエンドノートブック、モレスキンもタスク管理ツールになります。サイズのバリエーションはもちろん、方眼、無地などオプションが豊富なので、好みに合わせて選べます。

ハードカバーでめちゃくちゃ丈夫なので、タスクや行動を記録として永遠に残しておきたい人にはかなりおすすめ。ボロボロに使いこんだモレスキンを何十冊も持っていると、かっこいいですよね。

また、書ける面積も広く、自由度が高いのでタスクの横に関連するアイデアを書いたり、図表を描画することも可能。後から記録として活用することができます。

ただ、一冊の値段が半端なく高いのが欠点、一冊3000円くらいします。

ほぼ日手帳

携帯性 ★★★☆☆

見た目 ★★★☆☆

機能性 ★★★★★

コスパ ★★★☆☆

知る人ぞ知るロングセラー手帳、ほぼ日手帳もおすすめです。

この手帳の特徴的な点は、一ページが一日と対応していて、365ページで一年分になっていること(そのため普通の手帳と比べるとかなり分厚い)。

この日はこれをやる、次の日はこれをやるといったように、タスクを日付単位でコントロールしたい人にはうってつけ。一日分の欄に書き込めるスペースが広いので、タスクを詰め込んでも大丈夫。

100均のメモ帳

f:id:overconfidence1117:20181022014637j:plain

携帯性 ★★★★★

見た目 ★☆☆☆☆

機能性 ★★★☆☆

コスパ ★★★★★

どこの百円ショップでも売っているであろう、何の変哲もないメモ帳もタスク管理ツールとして機能します。携帯性とコスパは間違いなくトップ。

出張先などでも簡単に手に入るのでおすすめ。リング綴じなので手持ちでもデスクの上に置いても使えます。

関連記事

www.productiveminimalist.net

www.productiveminimalist.net