そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【TOEIC対策】TOEICミドルスコア向けの教本をあまりオススメしない理由

はじめに

TOEICの教材や問題集は、書店で専用コーナーが設けられているほど充実していて、英検やその他語学検定の教本と比較すればものすごい数あります。

また、500~600点台のミドルスコア保持者の割合が一番多いので、600点突破系や、700点突破系のTOEIC対策教本が特にたくさんあります。例えばこのようなもの。

しかし、結論から言うとこの手の教本を使って対策を組むことはあまりお勧めできません。以下でその理由や、ミドルスコア達成の正攻法について解説します。

ミドルスコア向けの本に書かれているノウハウは何か

ミドルスコア突破のための教本にかかれていることはだいたい似通っています。

まず、章ごとに各パートの特徴が解説されていて、解答の定石、攻略法が例題を交えながら書いてあります。例えば、part1の写真を見て正しい説明を選ぶリスニング問題を解説する場合、まず絵をみて、どのような場所が言及されそうか、特徴は何かを先読みすることが重要、などと書いてあったりします。

そして、それぞれの章末には20問くらいの演習問題が、本の最終章には100問、あるいは200問構成のチェックテストがあります。

テクニックに偏っていることがおすすめできない理由

この手の教本は総じて、テクニックに偏りすぎていることが多いです。昇進要件や単位のためなど、スコアさえ取れればいいという人はこれでいいかもしれませんが、純粋に英語の力を伸ばしたい人にとってはテクニックの大半は割とどうでもいいものです。

正攻法は英語を浴びることと、問題を2000問解くこと

では、ミドルスコアを突破するためにどうすればいいかというと、私のおすすめは英語をひたすら浴びることと、問題を2000問解くことです。

英語を浴びるとはどういうことか

英語を浴びるというのは、視覚、聴覚をフル活用して英語をインプットするということです。

アウトプットスキルを全く必要としないLRテストの場合、音声や動画コンテンツを大量に視聴するだけでも試験対策に効果抜群。動画、音声コンテンツはネット上にものすごい数あるので、利用しない手はありません。多分、問題を解かなくてもこれだけでスコアアップが期待できるのではないかと思っています。

2000問解くといい理由

もう一つは、問題を2000問解くこと。2000問は、テスト10回分の問題量に相当します。

大量に問題を解くことの何がいいかというと、TOEICに出てくる問題のクセや傾向を感覚的に理解できること。

TOEICの問題はものすごくカタにはまっていて、奇問難問は一切出ないことが特徴です。公開テストはもう200回以上行われています。毎回オリジナルの問題がでるため問題の使いまわしは一切ありませんが、問題のカタはほぼ同じです。

例えば、part5の文法問題には、全文を読まなくても空欄の前後を見るだけで2秒くらいで解ける問題が3~4割くらい潜んでいます。この手の話は前述した教本にも書いてありますが、実際に問題を解きまくって肌で体感したほうがより理解できます。

頭で理解するのと、実際に解けるかどうかというのはやはり別次元の話ですよね。

見直し作業はしなくてもいい

また、見直しはできるのであればしたほうがいいですが、面倒で時間も取られるのでやらなくても大丈夫。純粋に2000問の問題に解答を与えることに集中するといいです。

公式問題集が一番おすすめ

問題集は公式が一番おすすめ、旧型式だと現行の出題形式と一致しませんが、正直旧型式でも新形式でもどっちでもいいです。旧型式だと中古で安く手に入ったり、図書館なんかにも置いてあったりするのでおすすめ。

まとめ

TOEICミドルスコア突破の方法をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。