そっちゃそのたわごと

ミニマリズムと断捨離が好きな20代。

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

TOEICを制限時間内に解ききれない人向けの対策をまとめました。

TOEICで最後まで解けない?そんな人のための攻略法をまとめました

TOEICのLRテストの問題数は200問で、リスニング100問、リーディング100問構成です。

リスニングは音源のペースに合わせて解答すればいいので時間配分を考える必要は全くありません。しかし、リーディングには時間配分が求められます。リーディングを75分で100問解かなければならず、平均ですが一問につき一分もかけてられません。

怒濤の勢いで解こうとするとケアレスミスが多くなり、慎重に解こうとするとペースが落ちて解ききることができないという、TOEIC受験者なら誰しも経験したことがあろうジレンマですよね。

f:id:overconfidence1117:20181016073759j:plain

そのため、200問目まで時間を余らせて解ききれる人はなかなかいません。終了五分前くらいになって解いてない問題の選択肢を当てずっぽうで塗りつぶす、いわゆる「塗り絵」作業をしたことがある人も多いと思います。

そこで、どうすれば200問すべてしっかり正確に解ききれるのか、そのちょっとしたコツをまとめました

基礎的な文法は完璧にしておく

part 5の文法問題で特に差が出てきますが、文法知識があやふやだと正答を選ぶときに確証が持てず、即断即決しにくくなります。

選択肢を選ぶとき「なんとなくこれがあってそう」という感覚で選ぶと塗りつぶすときに躊躇したり、再考してしまいますよね。そうではなくて「カンマ前の節が過去時制だから、カンマ後の時制は間違いなくこれだ」のように、文法(法則)に基づいた論理的な解答をする必要があります。そのためには、文法知識の抜け漏れをなくすことが大事なのは、言うまでもありませんよね。

文法に自信がないのであれば、今すぐForestを買って高校レベルの文法を完璧に理解しましょう。

必須単語は100%マスターしよう

文法と同じくらい重要なのが語彙です。part 5の語彙問題は知らない単語に出くわした場合は絶対に解けませんし、長文で知らない単語が現れたら、文脈からその意味を推測するという不必要な作業を強いられます。

TOEIC専用の単語帳の100%を覚えるくらいでいいですので、ぜひボキャビルも怠らないようにしてください。おすすめの単語本はキクタンTOEICです。音源もついてくるので効率的に覚えることが可能です。

長文読解は時短しにくい、part 5をとにかく光速で解けるようにしよう

長文読解(part 6, 7)は速読すれば時短ができそうですが、あまり効果は期待できません。速読をしても読み間違えてミスを誘発しやすいので、part6と7はできればしっかり読んで解きたい問題です。

そのため時短の基本方針は、「いかにpart 5をスピーディーに解いて、part6, 7に大量の時間を回せるか」がカギになってきます。

特に肝心なのがpart 7にどれだけの時間を割けるかです。part 5でもたつきすぎると、part 7を解くための時間が30分くらいになってしまい、ほぼ無理ゲー状態になります。

part 5は一問につき平均20秒を目安に

そのため、時短すべきはまずpart5。教本的には一問につき30秒が目安(30問を15分で)ですが、ここを20秒(30問を10分で)まで圧縮しましょう。一息深呼吸したり体を伸ばす時間すら惜しいと考えたほうがいいです。

問題にとにかく多く触れて、part 5のカタを徹底的に理解すれば可能です。おすすめの教材はpart対策に特化したイ・イクフンの問題集です。一つで500問くらい解けます。

また、これはTOEICerの中ではかなり有名なのですが、part 5の問題のうちの三割くらいは、全文を端から端まで読まなくても解けます。時制の一致などの基礎的な文法知識があれば空欄の前後を見て二秒くらいで解ける問題が結構あるので、律儀に端から端まで読まずにテクニックで解いていくのも重要です。

万が一、わからない問題に出くわしたら早めに見切りをつけましょう。part 5で一つの問題に一分以上の時間をかける必要性は全くないので、適当に塗って次の問題にさっさと移ったほうがいいです。

このようにして、文法問題で時短をして10分でpart5を済ませれば、残りの65分で長文にじっくり取り組むことができ、心理的にも楽になります。

お決まりを理解する

長文問題を正確につまずかずにハイペースで解くために、設問の「お決まり」を前提情報としてきちんと理解しておくといいです。それは、

  • 大問の設問は必ず第一バラグラフに関することから順番に聞いてくる(一つ目の設問は第一パラグラフに関すること、二つ目の設問は第二パラグラフに関すること...といった感じ)
  • 最後に、「結局この文章は何が言いたいか」系が来やすい
  • 文章を読まなくても解ける「単語の意味を答える系」の問題が必ずある 

特に最初の一つ目が重要で、きかれることは必ず文章の上から順番、そして各パラグラフの中身に関することだけ(パラグラフをまたがない)ことを理解していると、回答の根拠を探しに文章を読むときに、どうでもいい箇所を読まずに済みます。

おすすめはパラグラフリーディングで解くこと、過去記事でまとめたので、そちらもご確認ください。

最初から全文埋めようとしないであきらめるのもあり

ハイスコアを狙わないのであれば、最後の数問を解かない前提で臨むのもありです。例えば180問目まで正確に解く、という目標設定にして正確性を重視すれば、800点台後半のスコアは取れます。ダブルパッセージやトリプルパッセージを全捨てするといった感じですね。

私自身、最後の15問を適当に埋めて900点台をとったことがあるので、全部解ききることに固執しなくても案外ハイスコアはとれます。『最後まで解かない体で解く』というのは、かなり有効な攻略法です。

まとめ

200問すべて解ききるためのちょっとしたtipsをまとめました。参考にしてみてください。